デジタル芸術回廊

藝術品出處 藝術品名稱 飯店內展示 作者 年代 作品類別 價值
東洋 天一門鎏金銅獬豸 Lobby 未知 西暦1963-1971 銅鋳品 ★ ★ ★ ★ ★
作品介紹
作品年代はおよそ西暦1963~1971年、中国北京紫禁城御花園の天一門前の獬豸(獬廌、かいち)から複製した、金属メッキで製作されたいます。獬豸は善悪を判別することができ、是非曲直をわきまえられます。また、悪魔を追い払い、魔除け、そして凶を吉に変える吉祥の意義あります。漢来ホテルの名物であり、精神の象徴でもあります。
藝術品出處 藝術品名稱 飯店內展示 作者 年代 作品類別 價值
西洋 金双耳西洋瓷瓶 Lobby 未詳 西暦1601-1700 瓷器 ★ ★ ★ ★ ★
作品介紹
西暦1700の作品、特色はその装飾と色絵であり、フランスのニュークラシック主義特徴が満ちています。作品の人物は月の女神‐ダイアナと愛の神‐キューピットです。均一な形体、上品で優しいラインです。
藝術品出處 藝術品名稱 飯店內展示 作者 年代 作品類別 價值
西洋 西洋馬車カルテル時計 Lobby 未詳 西暦1701-1800 家具 ★ ★ ★
作品介紹
作品年代為西暦1800年、材質はゴールドメッキ青銅です。上方の太陽の神‐アポロ及び下方の月の女神‐ダイアナをデザインとした設計です。中国で言われる陰陽大極のように、日と月の24時間を代表します。また、この作品の彫刻花、螺旋状紋様はロココスタイルを表現しています。
藝術品出處 藝術品名稱 飯店內展示 作者 年代 作品類別 價值
西洋 古典大桌(大型クラシックテーブル) Lobby 未詳 西暦1701-1800 家具 ★ ★ ★
作品介紹
作品年代は西暦1715~1725年、ウォルナット木材で製作されてあり、テーブル面からテーブル角とも全体的に波状の木質テーブルはロココスタイルの青銅鋳線がフレーム構造そてい刻み込まれています。「ロココスタイルは貴族のライフエンジョイメントを重視し、それは華麗なメッキと金箔が貼られた彫刻、彫像等に反映されています。
藝術品出處 藝術品名稱 飯店內展示 作者 年代 作品類別 價值
東方 八扇式中華風屏風 Lobby 未詳 西元1801-1900 傢俱 ★ ★ ★ ★ ★
作品介紹
本作品はおよそ清朝嘉慶年代の作品です。四つの部分に分かれています。一番上の環板の絵は歴史の伝説があります。真ん中の扇は一番大きく、「帝遊宮院」、「文人雅士仕女」及び「楼台人物」が描かれています。もう一面には四季の花、牡丹、菊、梅などの花模様彫刻があります。最後が「裙板」と「亮脚」(屏風の構造の一部)です。全体の画のは叙述的な画法と装飾的な画法を融合した代表作です主には黒と金色があります。全体の構図は透視感とレイヤー感があり、それは金蒔絵の厚さの違いから作り出しています。
藝術品出處 藝術品名稱 飯店內展示 作者 年代 作品類別 價值
東方 伍步雲画作<シリーズ> Lobby 伍步雲 西元1901-2000 繪畫 ★ ★ ★ ★ ★
作品介紹
中国の画家・伍歩雲の画作、1963~1971の作品です。伍歩雲は広東人、西洋絵画油絵を専門とします伍歩雲の絵法は短く、中国の山水絵に似ています。彼が絵を描く生涯の目的は「見た人が一目で中国人による作品」だと分かることが希望でした。伍歩雲がロビーの廊下に飾ってある絵は合計七つ、それは、「古橋」「農村」「カナディアンロッキー」「望海」「沙田村」「オタワ市」及び「港口」です。
藝術品出處 藝術品名稱 飯店內展示 作者 年代 作品類別 價值
東方 山西泥塑佛頭 9階 未詳 西暦1600以前 彫刻 ★ ★ ★ ★ ★
作品介紹
本作品は元暁時間、山西からの出品物です。山西は温帯の季節風が吹く大陸型気候であり、このような環境では非常に泥塑の製作に適しています。泥塑は製作過程において、風に当たって乾燥しなければならず、所要時間は1時間ほどです。内側から外側まで完全に乾きらないと、用紙敷きも彩畫もできません。仏(如来)おでこの真ん中には「白毫(びゃくごう)」と言われた、眉間のやや上に生えているとされる白く長い毛があります。目が下向きであるのは仏が天の上から下を凝視し、衆生をあまねく意味が込まれています。
藝術品出處 藝術品名稱 飯店內展示 作者 年代 作品類別 價值
東方 龍袍 9樓 未知 西元1801-1900 織品 ★ ★ ★ ★
作品介紹
作品の完成時期は約清中葉(1835~1895)であり、未完成の龍袍(りゅうほう)です。ですが、龍袍(りゅうほう)の大体の形は出来上がっています。「龍袍(りゅうほう)」、この名詞は清の時代から始まり、当時の皇帝のが国の宴会に出席するときに着用していた服装です。この作品を9階の宴会ホールに飾ってあるにも、この会場から新婦新郎に対する重視と祝福であり、皇帝もがこの結婚式に出席しています。
藝術品出處 藝術品名稱 飯店內展示 作者 年代 作品類別 價值
東方 <五華聳聚>シリーズの2及び4 9樓 袁旃 西元1901-2000 繪畫 ★ ★ ★ ★ ★
作品介紹
作者の袁旃は台北師範大学美術学科卒業、台北故宮博物館研究員の一職を担当する、台湾美術史上で非常に重要な人物です。彼の画作の特色は伝統と現代を結合していることであり、想像の空間が湧き出ます。袁旃が描く山水は人々を自然と大自然に導くのではなく、旧と新の間を拘束なく、抽象で多彩な夢と幻覚感がある山林に導き、歩むことです。作品年代は1980~1990年。
藝術品出處 藝術品名稱 飯店內展示 作者 年代 作品類別 價值
東方 二湘図 9樓 傅益瑤 近代 繪畫 ★ ★ ★ ★
作品介紹
この水墨絵は日本留学芸術家傅益瑤の作品です。彼の父親は中国絵の一代大師‐傅抱石です。二湘とは湘君と湘夫人を指し、伝説では堯的の二人の娘の娥皇と女英です。二人とも舜に嫁ぎ、姉が正妃(第一夫人)であり、君と称し、妹が夫人と称されていました。舜南が狩石を巡視に行かれた時、不幸にも蒼梧九嶷で崩御されました。二人は追うに間に合わず、泣き倒れました。深く思う痛みから、二人は江湘で亡くなられ、洞庭の山に埋葬され、湘水の神になりました。
藝術品出處 藝術品名稱 飯店內展示 作者 年代 作品類別 價值
東方 幽澗四虎 10樓 張善孖 西元1901-2000 繪畫 ★ ★ ★ ★ ★
作品介紹
作者の張善孖は有名な画家張大千の二番目の兄です。作品の年代は1928年。張善孖と張大千の二人の個性はまったく異なり、弟は大千の性格は楽天で豪快でした。政治には一切触れず、花の絵を描くのが非常に得意でした。兄の善孖は憂国憂民な性格で、国を愛する画家とも称されていました。走りまわる獣類を描くのが得意で特に虎を描くのがうまく、画を描くために虎を飼っていました。明の時代以来、虎を描くのが一番であると言われている勇名者です。
藝術品出處 藝術品名稱 飯店內展示 作者 年代 作品類別 價值
西方 安得羅美妲石雕 11樓 P.Romaneli 西元1801-1900 雕刻 ★ ★ ★ ★ ★
作品介紹
作品年代は1887年、古典ギリシア神話をテーマーとしたアンドロメダと海怪白の大理石彫刻。際品の特色は典型的なニュークラシック主義の表現作法です。容姿と比率は安定し、優雅です。また、この作品の石はフィレンツェの小さな街-カッラーラの近くから採れたものです。噂ではミケランジェロ・ブオナローティがそこに住まれていたそうです。この接続目地のない白い大理石の彫刻は希少な前代未聞の代作です。
藝術品出處 藝術品名稱 飯店內展示 作者 年代 作品類別 價值
東方 <円明園>銅版畫シリーズ 40樓 朗世寧 西元1701-1800 版畫 ★ ★ ★ ★ ★
作品介紹
<円明園>銅版畫シリーズは合計20枚あります。漢來ホテルはその内の18枚をコレクションしています。芸術コレクション以外には建築価値もあります。画作にははっきりと圓明園の全貌が描かれています。だが、イギリスとフランスの聯盟軍は円明園を焼き払いました。当時の20枚の銅版絵及び画作はイギリス、フランス及び八国連合軍の役の時に当時の外国侵略者に略奪されました。なので、以前の円明園の十二支の銅頭奇珍は最近中国と台湾のコレクターが、サザビーズオークションで害外国人から高い値段で買戻しました。一部は北京の故宮博物館で展示されています。先日、北京故宮からもシリーズの全ての円明園(20枚)はその姿を消し、画作と銅版は行方不明です。
藝術品出處 藝術品名稱 飯店內展示 作者 年代 作品類別 價值
東方 獸面双耳景泰藍 42樓 未知 西元1801-1900 瓷器 ★ ★ ★ ★
作品介紹
本作品は清中葉(1835-1895)時期の作品です。景泰藍はイスラム世界の東ローマ帝国から中国に伝えられました。明清時代は非常に盛んであり、銅胎掐絲琺瑯(有線七宝)の代名詞でもありました。後代の人々はこのような技術で作成された琺瑯器を「景泰藍」と称するようになりました。壷上の照明器具台です。瓷器は異国風味が満ちた紋様で装飾されてあります。作品は銅裸雕鑄紋と景泰藍の飽満で明るい色彩の完璧な組合せです。
藝術品出處 藝術品名稱 飯店內展示 作者 年代 作品類別 價值
西方 フランス粉彩瓶 42樓 未知 西元1801-1900 瓷器 ★ ★ ★ ★
作品介紹
20世紀初期の創作作品です。瓶はセーヴル焼(磁器)の優良伝統があります。ルイ15世 (フランス王)から器への金彩装飾の使用を唯一の王立窯として独占していた為、他の窯房では作り出せない軽く、巧みで華麗な装飾芸術を作りだすことができます。色彩画は浮清で気ままに楽しむ貴族の生活テーマーを描きだしています。粉色シリーズの色彩は純白で瑕のない瓷胎の上でその色調を飛び跳ねてるような楽しさに見えさせ、まるでキューピットが群れになって花の中で蜜を取っているようです。瓶身は多くの旋回、ねじれた造形を採用しています。リズム感のある金色のラインは皇室貴族が自己享楽(じこきょうらく)に陥る風潮を反映しています。
藝術品出處 藝術品名稱 飯店內展示 作者 年代 作品類別 價值
東方 太師椅 42樓 未知 西元1701-1800 傢俱 ★ ★ ★ ★
作品介紹
清乾隆年の作品です。清の時代の家具の太師椅は最もその時代の家具のデザインと特色を表現することができ、非常に代表性があります。太師椅のデザインの特色は体形が幅広く大きく、背もたれと手が一面に繋がっており、三扇、五扇或は複数の扇となる屏風を形成することです。太師椅の体形は幅広く大きく、厚く荘重でもあり、全体の形は宝座のようにたくましくすぐれています。装飾は多く、満ちるほど、富貴、華麗を追求し、多くの種類を併用し、多種類の工芸を結合しています。
藝術品出處 藝術品名稱 飯店內展示 作者 年代 作品類別 價值
東方 粉彩青花瓷器 42樓 未知 西元1701-1800 瓷器 ★ ★ ★
作品介紹
雍正帝時代の晩期の作品です。清朝時代は民間の結婚の必要に対応すべく、「磁器の都」と言われている景德鎮は偶数である、ペアの磁器製の瓶と缶を作っていました。図面の多くは人物、花卉、山、石などであり、お祝いの意味をこめた、「富貴白頭(末永く幸せに、そして栄えて富がある)」、「錦上添花(さらに善美なものを加えること」、「歲平安(毎年平和であること)」言葉があります。「青花瓷」はその胎と釉のきめ細かさ、「青花」の色鮮やかさり、そして種類も多く、紋様の優美さで有名です。
藝術品出處 藝術品名稱 飯店內展示 作者 年代 作品類別 價值
西方 大理石桌面矮櫃(二段棚) 42樓 未知 西元1801-1900 傢俱 ★ ★ ★
作品介紹
正面の装飾板は桃の木で作られてあり、バイオリンと花のシンボル図を形成しています。上と下に分かれた移動式の引出しには鍵となる四つの銅環があり、白い大理石のテーブル面は棚全体と一体し、当時の多重材質を混合していた風潮を反映しています。
藝術品出處 藝術品名稱 飯店內展示 作者 年代 作品類別 價值
東方 玉琮 42樓 未知 西元1600以前 玉器 ★ ★ ★
作品介紹
新石器時代の暮れ、玉琮は非常に重要な礼器でした。玉琮の基本的な造型は、上部が大きく下部が小さい方柱型で、方柱の中心に上から下に大きな丸い穴が貫き通っています。これは古代の中国人の「地方」の宇宙観を反映しています。貫きとっている大きな丸い円は民と神の世界の「コミュニケーション」を象徴しています。本作品は約16~17世紀暮れの作品です。
藝術品出處 藝術品名稱 飯店內展示 作者 年代 作品類別 價值
西方 ロココ藤座椅子 42樓 未知 西元1801-1900 傢俱 ★ ★ ★ ★
作品介紹
およそ19世紀の作品です。藤で編まれた背もたれは三つに分かれています。外縁は金箔が貼られた様の彫刻があります。椅子の肘かけとクッションの横にも装飾用の紋があり、円弦弧状の少しおとなしいい椅子の足は流暢な曲線と形成し、一体に成型しています。
藝術品出處 藝術品名稱 飯店內展示 作者 年代 作品類別 價值
西方 藍点布紋金箔椅子 42樓 未知 西元1801-1900 傢俱 ★ ★ ★ ★ ★
作品介紹
作品の完成年代は約1840年です。マホガニーで作製されています。椅子の肘かけには金箔の装飾材と彫刻があります。家具は人に落ち着いた、クラシックな感じを与え、椅子の背もたれに刻まれた木質の花模様と青い点状の布紋のクッションより更にフランスの古典韻味が増します。
藝術品出處 藝術品名稱 飯店內展示 作者 年代 作品類別 價值
西方 La parte Eyyptienne 42樓 未知 西元1901-2000 傢俱 ★ ★ ★ ★
作品介紹
1989年の作品であり、装飾芸術敷きのスタイルと特色を参考にし、三角形を基本設計の原型としています。材料は透光度が高いアクリルクリスタルを採用しており、非常に優雅で複雑さのない天然さがあります。