Posted by & filed under .

本作品はおよそ清朝嘉慶年代の作品です。四つの部分に分かれています。一番上の環板の絵は歴史の伝説があります。真ん中の扇は一番大きく、「帝遊宮院」、「文人雅士仕女」及び「楼台人物」が描かれています。もう一面には四季の花、牡丹、菊、梅などの花模様彫刻があります。最後が「裙板」と「亮脚」(屏風の構造の一部)です。全体の画のは叙述的な画法と装飾的な画法を融合した代表作です主には黒と金色があります。全体の構図は透視感とレイヤー感があり、それは金蒔絵の厚さの違いから作り出しています。