Posted by & filed under .

正面の装飾板は桃の木で作られてあり、バイオリンと花のシンボル図を形成しています。上と下に分かれた移動式の引出しには鍵となる四つの銅環があり、白い大理石のテーブル面は棚全体と一体し、当時の多重材質を混合していた風潮を反映しています。