Posted by & filed under .

清乾隆年の作品です。清の時代の家具の太師椅は最もその時代の家具のデザインと特色を表現することができ、非常に代表性があります。太師椅のデザインの特色は体形が幅広く大きく、背もたれと手が一面に繋がっており、三扇、五扇或は複数の扇となる屏風を形成することです。太師椅の体形は幅広く大きく、厚く荘重でもあり、全体の形は宝座のようにたくましくすぐれています。装飾は多く、満ちるほど、富貴、華麗を追求し、多くの種類を併用し、多種類の工芸を結合しています。