Posted by & filed under .

本作品は元暁時間、山西からの出品物です。山西は温帯の季節風が吹く大陸型気候であり、このような環境では非常に泥塑の製作に適しています。泥塑は製作過程において、風に当たって乾燥しなければならず、所要時間は1時間ほどです。内側から外側まで完全に乾きらないと、用紙敷きも彩畫もできません。仏(如来)おでこの真ん中には「白毫(びゃくごう)」と言われた、眉間のやや上に生えているとされる白く長い毛があります。目が下向きであるのは仏が天の上から下を凝視し、衆生をあまねく意味が込まれています。