Posted by & filed under .

雍正帝時代の晩期の作品です。清朝時代は民間の結婚の必要に対応すべく、「磁器の都」と言われている景德鎮は偶数である、ペアの磁器製の瓶と缶を作っていました。図面の多くは人物、花卉、山、石などであり、お祝いの意味をこめた、「富貴白頭(末永く幸せに、そして栄えて富がある)」、「錦上添花(さらに善美なものを加えること」、「歲平安(毎年平和であること)」言葉があります。「青花瓷」はその胎と釉のきめ細かさ、「青花」の色鮮やかさり、そして種類も多く、紋様の優美さで有名です。