Posted by & filed under .

作者の袁旃は台北師範大学美術学科卒業、台北故宮博物館研究員の一職を担当する、台湾美術史上で非常に重要な人物です。彼の画作の特色は伝統と現代を結合していることであり、想像の空間が湧き出ます。袁旃が描く山水は人々を自然と大自然に導くのではなく、旧と新の間を拘束なく、抽象で多彩な夢と幻覚感がある山林に導き、歩むことです。作品年代は1980~1990年。