Posted by & filed under .

作品の完成時期は約清中葉(1835~1895)であり、未完成の龍袍(りゅうほう)です。ですが、龍袍(りゅうほう)の大体の形は出来上がっています。「龍袍(りゅうほう)」、この名詞は清の時代から始まり、当時の皇帝のが国の宴会に出席するときに着用していた服装です。この作品を9階の宴会ホールに飾ってあるにも、この会場から新婦新郎に対する重視と祝福であり、皇帝もがこの結婚式に出席しています。