Posted by & filed under .

作品年代は1887年、古典ギリシア神話をテーマーとしたアンドロメダと海怪白の大理石彫刻。際品の特色は典型的なニュークラシック主義の表現作法です。容姿と比率は安定し、優雅です。また、この作品の石はフィレンツェの小さな街-カッラーラの近くから採れたものです。噂ではミケランジェロ・ブオナローティがそこに住まれていたそうです。この接続目地のない白い大理石の彫刻は希少な前代未聞の代作です。